数年前にできた妊娠線は消すことはできるの?

妊娠線、つまり肉割れのことで、ゴム風船に例えると一度膨らんだものがしぼんんだ状態でゴム風船の絵の部分のひび割れが妊娠線になります。しかし、人間の皮膚はゴム風船と異なり再生は可能です。スキンケアと適切な食事で再生可能です。スキンケアの基本は保湿ですので風呂上りにお腹に天然保湿剤配合のスキンローションをたっぷりと使い、水分蒸発を防ぐ為にクリームなど油分を薄く延ばす。正常な皮膚細胞がまず先に活性化するので、妊娠線は濃くなった様に見えますがコントラストの問題でグレーの下地に黒線は目立ちませんが、自地に黒線は目立ちます。
しかし、期間を置くと妊娠線の細胞も活発化するようになりますのでご安心ください。食事ですが、低カロリー高蛋白を基本にコラーゲンをしっかり取りましょう。腸内環境を整える為に発酵食品を多めに摂ります。おやつならコラーゲンの取れるゼリー系がおすすめです。砂糖よりオリゴ糖を出来るだけ使います。ビタミンCは1日1g以上取ります。健康食品サプリは高いだけなので必要ありません。また、美容外科でも消す治療を受けることができます。真皮のコラーゲン生成を促すことができる機器を利用して施術を行っていくことができますので、肌に残ってしまった跡を専門治療で改善を目指せます。

脂肪線クリーム

タグ