脇の黒ずみ」カテゴリーアーカイブ

脇の黒ずみとブツブツの主な原因とは?

脇の黒ずみの主な原因は、メラニン色素の沈着と、皮脂や古い角質の汚れなどです。メラニン色素の沈着は、肌の刺激によって起こります。メラノサイトから過剰に分泌されたメラニンが表皮に沈着することで起こるので、刺激を避ける必要があります。脇の下の皮膚は薄いので、衣類による摩擦などでも黒ずみやすくなります。また、カミソリなどで脱毛すると、その刺激で色素沈着しやすくなります。保湿不足や、ゴシゴシこすったりするのも原因で、皮膚が傷つくことで炎症を起こします。毛穴の汚れによって引き起こされる黒ずみもあり、角栓が毛穴に詰まると黒ずみやすくなります。肌が乾燥することで毛穴が開いて黒く見えるケースもあり、酸化してしまった皮脂が肌を刺激して炎症を引き起こしている場合もあります。こうしたケースは、ケアの仕方ですぐに治る可能性もあるのですが、黒ずみが気になって刺激を与えすぎると逆効果です。ブツブツ型の黒ずみの場合、原因は毛抜きによる脱毛処理です。脇の皮膚は薄いので、毛抜きで抜くと肌が炎症し、色素沈着を起こしてしまいます。毛抜きで脇のムダ毛処理を続けていると、慢性タイプの黒ずみに発展しやすいので要注意です。埋もれ毛が発生してブツブツが目立つ状態になります。

ピューレパール 口コミ

タグ